旅の時間

吉田健一 著

酒を愛で、食通として知られた著者は、気侭な旅を好み、名作『金沢』によって、月明かりの世界に、古都の漆のように艶やかな魅力を妖しく浮かび上がらせ、『時間』によって、独自な人生哲学を語った。自在な空想と想像力を駆使し、パリ、ロンドン、大阪、神戸、京都など親しく馴染んだ土地を舞台に、「生の意義」を思索した連作短篇集『旅の時間』によって、日本近代文学は確かな、ゆとりある大人の小説を得た。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛行機の中
  • 昔のパリ
  • 大阪の夜
  • 英国の田舎
  • 東北本線
  • ニュー・ヨークの町
  • ロンドン
  • 神戸
  • 京都
  • 航海

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅の時間
著作者等 吉田 健一
書名ヨミ タビ ノ ジカン
書名別名 Tabi no jikan
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.12
ページ数 298p
大きさ 16cm
ISBN 4061984624
NCID BA79690631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21150244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想