ケアマネジャーになるには

稲葉敬子, 伊藤優子 著

ケアマネジャーは、正式には介護支援専門員といいます。介護を必要とする人の相談に乗り、日常生活の状況を把握して、それぞれの方が人間らしく暮らしていけるよう、適切なケアプランを作成していきます。これからは高齢者がますます増えていきます。その社会で重要な役割をになうケアマネジャーの仕事を見てみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ドキュメント 福祉職のコンダクターとして(結婚、出産、身内の介護。人生体験すべてが活かせる仕事
  • 生まれ育った地域のお年寄りに、恩返しができたらうれしい
  • 「介護にもグローバルな視点が必要」幅広く活躍しながら後輩の指導に)
  • 2章 ケアマネジャーの世界(ケアマネジャーって何だろう?-介護保険制度に基づき高齢者を支える
  • ケアマネジャーの誕生から現在まで-超高齢社会を迎え社会的な制度が求められる
  • ケアマネジャーの仕事-利用者の生活向上をめざして、機関や専門職と交渉・調整 ほか)
  • 3章 なるにはコース(適性と心構え-まわりの人との交流を大切にして、専門家として向上していこう!
  • ケアマネジャーへの道のり-資格や実務経験が必要。自分に合う道を選ぼう
  • 介護支援専門員実務研修受講試験について-専門知識が問われる試験これまでの経験が試される ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアマネジャーになるには
著作者等 伊藤 優子
稲葉 敬子
書名ヨミ ケア マネジャー ニ ナルニワ
書名別名 Kea maneja ni naruniwa
シリーズ名 なるにはbooks 129
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2006.12
ページ数 133p
大きさ 19cm
ISBN 4831511544
NCID BA7968685X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想