社会調査で何が見えるか : 歴史と実例による社会調査入門

平松貞実 著

社会調査はおもしろい。世論調査、視聴率調査、選挙予想調査、市場調査などさまざまな調査を、歴史的な流れもたどりつつ取り上げて、調査は何のためにするのか、調査から何が見えてくるか、を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会科学と社会調査(社会学の祖コントの実証主義
  • 社会科学の研究方法 ほか)
  • 2 統計調査の歴史(統計調査のはじまり
  • 近代センサスの誕生と進歩 ほか)
  • 3 社会調査の技法(調査対象選定の技法
  • データ収集の技法 ほか)
  • 4 社会調査を考える(「調査環境の悪化」について
  • 「国勢調査」について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会調査で何が見えるか : 歴史と実例による社会調査入門
著作者等 平松 貞実
書名ヨミ シャカイ チョウサ デ ナニ ガ ミエルカ : レキシ ト ジツレイ ニ ヨル シャカイ チョウサ ニュウモン
出版元 新曜社
刊行年月 2006.11
ページ数 300p
大きさ 19cm
ISBN 4788510294
NCID BA79667276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21155641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想