ドイツ・ロマン派風景画論 : 新しい風景画への模索

神林恒道, 仲間裕子 編訳

ドイツ・ロマン派の絵画論の綱領的著述と見なされてきたC・G・カールス「風景画に関する九通の書簡」をはじめ、ルンゲ「芸術と芸術家の使命について(遺稿集から)」、フリードリヒ「芸術と芸術精神について」ほかの翻訳と解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • C.G.カールス 風景画に関する九通の書簡(枢密顧問官フォン・ゲーテ閣下からの書簡
  • 風景画に関する九通の書簡
  • 解説 ドイツ・ロマン派の風景画-『風景画に関する九通の書簡』をめぐって)
  • C.D.フリードリヒの芸術論および、同時代人によるフリードリヒの風景画についての批評(芸術と芸術精神について
  • 現存の芸術家と最近逝去した芸術家の作品を主とするコレクションを見ての意見(抜粋)
  • 同時代人によるフリードリヒの風景画についての批評
  • 解説 フリードリヒの芸術論-『芸術と芸術精神について』『現存の芸術家と最近逝去した芸術家の作品を主とするコレクションを見ての意見』をめぐって)
  • Ph.O.ルンゲ 遺稿と書簡(芸術と芸術家の使命について(遺稿集から)
  • 解説 ルンゲの芸術論-「新しい芸術」としての「風景画」をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ・ロマン派風景画論 : 新しい風景画への模索
著作者等 Carus, Carl Gustav
Friedrich, Caspar David
Runge, Philipp Otto
仲間 裕子
神林 恒道
書名ヨミ ドイツ ロマンハ フウケイガ ロン : アタラシイ フウケイガ エノ モサク
出版元 三元社
刊行年月 2006.11
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4883031764
NCID BA79647155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21240652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想