量子の世界

小山勝二, 川合光, 佐々木節, 前野悦輝, 太田耕司 編著

物の根源に迫る究極の理論、宇宙の始まり、超伝導。これらの謎を解き明かす共通の鍵となるのが「量子」である。大宇宙の果てを限りなく遠くまで見通すことが、原子の中の構造を極限まで小さいスケールで観ることとどのように関連するのか?そしてそのような極微の世界に生じる「量子の効果」が、いかにして超伝導を引き起こすのか?互いにかけ離れているように見えるテーマの間に潜む意外な関係性を語る知の三題噺。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 超ひも理論-究極の自然法則が見つかった?(自然法則の発展のしかた
  • 基本的な粒子と相互作用
  • 超ひも理論の特徴 ほか)
  • 第2章 宇宙はどうやって始まったか?(現代物理学の非常に重要な二つの柱
  • 宇宙誕生のなぞを解くカギ「量子宇宙論」
  • 宇宙のはじまり ほか)
  • 第3章 超伝導の不思議(物質のさまざまな階層
  • 超伝導とは?
  • 超伝導物質探し ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子の世界
著作者等 佐々木 節
前野 悦輝
太田 耕司
小山 勝二
川合 光
書名ヨミ リョウシ ノ セカイ
シリーズ名 宇宙と物質の神秘に迫る 2
学術選書 2
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2006.12
ページ数 198p 図版2枚
大きさ 19cm
ISBN 4876988196
NCID BA79633897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21159372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想