『資本論』を読む

伊藤誠 [著]

経済学の最高の古典ともいえる『資本論』は、夥しい人々に読み継がれ、世界を大きく動かしてきた。マルクスは当時の社会の現状と人々の生活を見据え、資本主義経済の原理とその運動を体系的に分析した。本書では、厖大かつ難解な叙述の続くこの名著の講読を長年行ってきた著者が、エッセンスとなる章句を選び出し、懇切な解説を施し、その魅力と豊かな内容を引き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 マルクスの思想と学問
  • 第1巻 資本の生産過程(基本形態としての商品
  • 貨幣の謎を解く
  • 貨幣の働き ほか)
  • 第2巻 資本の流通過程(資本は循環する
  • 回転を速めたい
  • 再生産の原則と国民所得)
  • 第3巻 資本主義的生産の総過程(資本の競争と生産価格
  • 市場価値と利潤率の変動
  • 商業資本と商業利潤 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『資本論』を読む
著作者等 伊藤 誠
書名ヨミ シホンロン オ ヨム
シリーズ名 資本論
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.12
ページ数 477p
大きさ 15cm
ISBN 4061597965
NCID BA79620035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21157796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想