ビゴーが見た明治ニッポン

清水勲 著

1882年に来日し、十七年間の滞在生活をおくったフランス人画家ビゴーは、その卓越した描写力で、写真や活字では記録し得なかった日本人の本質を鋭く描きとった。明治政府を皮肉る痛烈な諷刺画のほか、西洋文化にとびついた人々の滑稽な姿、日本的風習にあふれた庶民の生活、日本軍に従軍して描いた戦争報道画など、百点の作品を通して、近代化する日本の活況を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 上流階級の日本-世相画
  • 第2章 女たちの日本-風俗画(一)
  • 第3章 男たちの日本-風俗画(二)
  • 第4章 庶民の日本-風俗画(三)
  • 第5章 皮肉られた日本-諷刺画
  • 第6章 写実の日本-報道画
  • 第7章 無念の日本-不安画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビゴーが見た明治ニッポン
著作者等 Bigot, Georges
清水 勲
書名ヨミ ビゴー ガ ミタ メイジ ニッポン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.12
ページ数 248p
大きさ 15cm
ISBN 4061597949
NCID BA79617813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想