ドキュメンタリーの修辞学

佐藤真 著

ドキュメンタリー映画に現在求められていることはなにか。作家性を問いつつ、作り手側の意図を超えた創造をうながす実作者ならではの批評行為が炸裂する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドキュメンタリーのゆくえ(日本のドキュメンタリー映画のかたち
  • 私的ドキュメンタリー私論 ほか)
  • 2 フィクションとの境界から(日本の戦後を問いただす匕首-大島渚『忘れられた皇軍』
  • 虚構に踏みとどまる矜持-ヴィム・ヴェンダース『ニックス・ムービー』 ほか)
  • 3 映画と写真のあいだで(牛腸茂雄の眼差しに潜むもの
  • 動かない映画への密やかな欲望 ほか)
  • 4 映画監督とはなにか(ある年の監督協会新人賞舞台裏
  • 真説・ロンドン研修報告 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドキュメンタリーの修辞学
著作者等 佐藤 真
書名ヨミ ドキュメンタリー ノ シュウジガク
出版元 みすず書房
刊行年月 2006.11
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4622072513
NCID BA79613685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21150646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想