認知科学への招待  2

大津由紀雄, 波多野誼余夫, 三宅なほみ 編著

認知科学というのはなにせ領域が広いから、とても一回の「招待」では案内しきれません。そこで今回の「招待2」です。今回は言語獲得から人工知能まで、前回に劣らず多彩に、「心の研究」を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言語獲得
  • 音韻論:最適性理論(Optimality Theory)
  • 認知言語学
  • 視覚認知:視覚科学のフロンティア
  • 運動と思考の脳内協調制御メカニズム
  • 概念変化と教授
  • 文化と制度
  • 美術の創作プロセス
  • 音楽の意味を科学する
  • 比較認知科学:研究方法と展望
  • 模倣から心の理解へ
  • 認知発達ロボティクス
  • エキスパートシステム
  • 特別寄稿:認知症から学んだこと
  • 認知科学の射程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知科学への招待
著作者等 三宅 なほみ
大津 由紀雄
波多野 誼余夫
書名ヨミ ニンチ カガク エノ ショウタイ
書名別名 心の研究の多様性を探る

Ninchi kagaku eno shotai
巻冊次 2
出版元 研究社
刊行年月 2006.12
ページ数 302p 図版4p
大きさ 21cm
ISBN 4327378127
NCID BA79587064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21244210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想