日本ばちかん巡り

山口文憲 著

天理教から真如苑から伊勢神宮まで、日本各地の宗教団体の聖都(ばちかん)を訪ね歩いたルポルタージュ。人々はこぞって聖都に集まり、踊ったり祈ったり買い物をしたりおしゃべりをしたりしていた。そこは、日本で失われつつある、安心して、憩うことのできる共同体だったのだ。日本にはこんなにも多彩な世界があった。ええじゃないか、なかなか、という気分にさせる1冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章・オウム真理教-六年目の夏
  • 天理教-おぢばという名の磁場へ
  • 金光教-人もたちゆき神も立ちゆく
  • 大本-霊界二都物語
  • 世界救世教-あまりに天国的な
  • 真如苑-霊能者のいる秘密の花園
  • 善隣会(教)-おすがり王国の空高く
  • 崇教真光-種人よ起て手をかざせ
  • 天照皇大神宮教-「踊る宗教」歌説法の聞こえる里
  • 出雲大社-神在月の浜辺
  • 辯天宗-「走り辯天」の春
  • 伊勢神宮-ご遷宮の夜が来るまで
  • 生駒山系の神々-済州島は八百キロの彼方
  • 松緑神道大和山-北の聖共同体
  • いじゅん-琉球にミロク世の風が吹く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本ばちかん巡り
著作者等 山口 文憲
書名ヨミ ニホン バチカン メグリ
書名別名 Nihon bachikan meguri
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.12
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 4480422560
NCID BA79516292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21158546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想