移民社会フランスの危機

宮島喬 著

二〇〇五年一一月、「人権の母国」フランスのパリ郊外で、なぜ移民たちの「暴動」が起きたのか。その社会的背景をさぐり、「大革命」以来培ってきた「平等」理念と「共和国的」統合モデルが今なお有効なのかを問い、今後に求められる変化を展望する。長年この移民統合問題を追究してきた著者による書き下ろしの論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「移民社会」フランスの危機-なぜ今「平等」を問うか
  • 第1章 ヨーロッパ移民社会の転換とフランス
  • 第2章 フランス的平等と「共和国モデル」
  • 第3章 「フランス人になること」と平等の間-移民にとっての国籍
  • 第4章 社会的統合の危機
  • 第5章 平等の再定義へ-エガリテとエキテ
  • 第6章 ポジティヴ・アクションへ-「教育優先地域」施策を中心に
  • 第7章 移民の文化とそのスティグマ化-「ライシテ」は平等なのか
  • 第8章 強まる排除と行動する移民
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移民社会フランスの危機
著作者等 宮島 喬
書名ヨミ イミン シャカイ フランス ノ キキ
書名別名 Imin shakai furansu no kiki
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.11
ページ数 240, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4000221612
NCID BA79482656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想