黎明期日本の経済思想 : イギリス留学生・お雇い外国人・経済学の制度化

井上琢智 著

[目次]

  • 第1部(イギリス留学生・お雇い外国人-幕末・明治の近代化を支えた人びと
  • 幕末・明治初期イギリス留学生とユニヴァーシティ・カレッジ・コネクション
  • 明六社と共存同衆-アソシエーションの導入と「社会」の形成
  • 幕末・明治初期のイギリス留学生と大蔵省)
  • 第2部(明治日本の経済学導入史-啓蒙の時代からプロフェッショナルの時代へ
  • W.S.ジェヴォンズと日本人留学生-ユニヴァーシティ・カレッジ・コネクションと日本の近代化
  • ジェヴォンズ経済学の導入と展開
  • 大越成徳と自由貿易論
  • マーシャル経済学の日本への導入と展開-啓蒙時代の経済学から制度化時代の経済学へ
  • 『国民経済雑誌』にみる近代経済学の展開-経済専門雑誌の誕生と近代経済学研究の展開
  • 福田徳三と厚生経済学の形成-ドイツ歴史学派・イギリス近代経済学から日本経済思想の形成へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黎明期日本の経済思想 : イギリス留学生・お雇い外国人・経済学の制度化
著作者等 井上 琢智
書名ヨミ レイメイキ ニホン ノ ケイザイ シソウ : イギリス リュウガクセイ オヤトイ ガイコクジン ケイザイガク ノ セイドカ
シリーズ名 関西学院大学経済学研究叢書 第32編
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.11
ページ数 362p
大きさ 22cm
ISBN 4535555087
NCID BA79477758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21149002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想