「捨て子」たちの民俗学 : 小泉八雲と柳田國男

大塚英志 著

柳田國男が幼い頃、妄想した虚構の母。小泉八雲が拘泥したジプシーの血筋。彼らは何故、仮構の人生を夢見ずにはおれなかったのか。民俗学者たちを呪縛する不可解な「捨て子」意識を手がかりに「民俗学の起源」を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民俗学とファミリーロマンス
  • 第2章 民俗学のダーウィニズム的背景
  • 第3章 ナショナリズムと無意識
  • 第4章 探偵と民俗学
  • 第5章 偽ハーンの来歴否認
  • 第6章 捨て子のための民俗学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「捨て子」たちの民俗学 : 小泉八雲と柳田國男
著作者等 大塚 英志
書名ヨミ ステゴタチ ノ ミンゾクガク : コイズミ ヤクモ ト ヤナギタ クニオ
書名別名 Sutegotachi no minzokugaku
シリーズ名 角川選書 398
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2006.11
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4047033987
NCID BA79473134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21155570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想