サイード自身が語るサイード

エドワード・W.サイード, タリク・アリ 述 ; 大橋洋一 訳

生い立ち、アメリカ移住までの経緯、影響を受けた音楽・文学、『オリエンタリズム』への思い、政治活動の舞台裏、白血病のこと、知識人の使命…。不屈の知識人が自らの軌跡をたどる-。活字を通して肉声に触れるサイード入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エドワード・サイードを忘れない1935‐2003(タリク・アリ)
  • サイード自身が語るサイード(少年時代について
  • 音楽について
  • 文学について
  • パレスチナについて
  • 『オリエンタリズム』について
  • 受容のされ方について
  • 知識人と政治について
  • アメリカ的なものについて
  • アイデンティティについて
  • 個人的なことがらについて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイード自身が語るサイード
著作者等 Ali, Tariq
Said, Edward W
大橋 洋一
アリ タリク
サイード エドワード・W.
書名ヨミ サイード ジシン ガ カタル サイード
書名別名 Conversations with Edward Said

Saido jishin ga kataru saido
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2006.12
ページ数 188p
大きさ 20cm
ISBN 4314010134
NCID BA79454694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21158044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想