投資ファンドと税制 : 集団投資スキーム課税の在り方

田邊昇 著

金融商品取引法も織り込み新しい「集団投資スキーム」を詳解。「ライブドア・村上ファンド事件」で注目された法定外の投資組合は、「ファンド」の本来の姿ではありません。本書は内外で活用されている証券ファンドや不動産ファンドなど「集団投資スキーム」と、その税制の現状・問題点・今後の方向を論じた関係者必読の新版です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 集団投資スキーム-平成12年改正後の新しい「投信法」と「資産流動化法」を中心にして(集団投資スキームとは
  • 金融仲介制度としての意義 ほか)
  • 第2編 解禁された不動産ファンド-制度の本質と商品特性について(新しい金融商品の魅力
  • 先発ファンドとしての仕組みと商品特性 ほか)
  • 第3編 証券投資信託の法的構造等の課題-その国際比較を通じて(マーケットの概観
  • ユニークな創設の背景 ほか)
  • 第4編 金融・証券税制の抜本的改正-極めて大胆で思い切った税制改正の連続(大胆な税制改正に至った背景
  • 平成14年度改正の概要 ほか)
  • 第5編 集団投資スキームの課題-特に「金融商品取引法」(「投資サービス法」ともいわれる)の導入に向けて(国際比較からみた日本の集団投資スキームの現状と問題点
  • Japan's Collective Investment Scheme in International Perspective)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 投資ファンドと税制 : 集団投資スキーム課税の在り方
著作者等 田辺 昇
田邊 昇
書名ヨミ トウシ ファンド ト ゼイセイ : シュウダン トウシ スキーム カゼイ ノ アリカタ
シリーズ名 租税法研究双書 6
出版元 弘文堂
刊行年月 2006.11
版表示 新版.
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 4335320582
NCID BA79448691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21143739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想