ぼくの村は戦場だった。

山本美香 著

お母さんが庭に出たとき、爆弾が落ちたんだ。お母さんは何か言っていた。お母さんのことは大丈夫だよって、そばにいた人が言ったけど。でも、死んじゃった…。お母さんの頭には、穴が開いていた。女性ジャーナリストた見た戦場の真実の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アフガニスタン・イスラム共和国
  • 第2章 ウガンダ共和国
  • 第3章 ロシア連邦チェチェン共和国
  • 第4章 コソボ自治州
  • 第5章 イラク共和国
  • 最終章 終わらない国際紛争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくの村は戦場だった。
著作者等 山本 美香
書名ヨミ ボク ノ ムラ ワ センジョウ ダッタ
書名別名 Boku no mura wa senjo datta
出版元 マガジンハウス
刊行年月 2006.11
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 4838716850
NCID BA79435077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21150470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想