「抽象的人間労働論」の哲学 : 二一世紀・マルクス可能性の地平

日山紀彦 著

マルクス「価値論」に対する現代哲学的な視座からの再吟味。従前の「抽象的人間労働」概念の誤読を「物象化論の論理と構制」に依拠して解読し直す試み。二十世紀におけるその誤読と歪曲の超克であり、マルクス思想の二一世紀的意義・有効性の確認作業でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「経済学批判体系」の問うもの
  • 第1章 "抽象的人間労働"論のプロブレマティック
  • 第2章 労働の社会的形態としての"抽象的人間労働"
  • 第3章 「社会的形象態Gebilde」としての"抽象的人間労働"
  • 第4章 「価値形態論」と"抽象的人間労働"
  • 第5章 "抽象的人間労働"の物神的性格とその秘密
  • 終章に代えて "抽象的人間労働"と物象化論-意義態としての<抽象的人間労働>の独自の対象性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「抽象的人間労働論」の哲学 : 二一世紀・マルクス可能性の地平
著作者等 日山 紀彦
書名ヨミ チュウショウテキ ニンゲン ロウドウ ロン ノ テツガク : ニジュウイッセイキ マルクス カノウセイ ノ チヘイ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2006.11
ページ数 556, 12p
大きさ 23cm
ISBN 4275005007
NCID BA79417224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21211281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想