〈悪口〉という文化

山本幸司 著

悪口は流血の武闘に発展。だが一方、それは暴力を抑えるだけでなく共同体の「秩序」を維持した知恵だった。悪口の収まり方(実例、『浮世風呂』、落語「野崎詣り」など)。中山太郎「悪口祭」の再検討。イギリス、スペイン。メキシコ高地での悪口の実例。『御成敗式目』十二条とは?など、悪口の魅力的な役割。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 喧嘩・合戦に見る悪口
  • 第2章 悪口祭
  • 第3章 さまざまな文化における悪口
  • 第4章 中世日本の悪口罪
  • 第5章 悪口罪の特徴
  • 第6章 秩序維持に役立つ悪口
  • 第7章 スピーク・アウトと豊穣儀礼の社会的機能
  • 終章 複雑な悪口の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈悪口〉という文化
著作者等 山本 幸司
書名ヨミ ワルクチ ト ユウ ブンカ
出版元 平凡社
刊行年月 2006.11
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4582427154
NCID BA79347049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想