経済政策基礎論

山口三十四, 足立正樹, 丸谷レイ史, 三谷直紀 編

経済を経過、秩序、基盤の三層に分けて考察する入門テキスト。資源・環境、人口構造、技術、価値観といった基盤の変化に対応する秩序(制度)の見直しや基盤への政策的介入(基盤政策)に説明を割く。所得格差、少子高齢化、グローバル化、財政赤字、環境保全など、日本経済の直面する課題に応える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済政策論の方法と課題
  • 第2章 経済政策思想の展開
  • 第3章 成長と安定の経済政策
  • 第4章 所得と資産の分配政策
  • 第5章 産業政策
  • 第6章 労働政策
  • 第7章 国際経済政策
  • 第8章 農業と人口
  • 第9章 環境のための経済政策
  • 第10章 新たな秩序政策構想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済政策基礎論
著作者等 三谷 直紀
丸谷 泠史
山口 三十四
足立 正樹
丸谷 〓史
書名ヨミ ケイザイ セイサク キソロン
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.11
ページ数 216p
大きさ 22cm
ISBN 4641183457
NCID BA79328372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21151442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想