鉄道忌避伝説の謎 : 汽車が来た町、来なかった町

青木栄一 著

明治の人々は鉄道建設による悪影響に不安をもち、鉄道や駅を町から遠ざけた…これが鉄道忌避伝説である。果たしてこの伝説は事実か。全国各地の実例を検証し、鉄道のルートや地形など様々な視点から伝説の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鉄道忌避伝説とは何か-プロローグ
  • 鉄道史研究の発達と鉄道忌避伝説
  • 鉄道忌避伝説の検証
  • 実際にあった鉄道反対運動
  • 鉄道忌避伝説定着の過程
  • 鉄道忌避伝説を考える-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄道忌避伝説の謎 : 汽車が来た町、来なかった町
著作者等 青木 栄一
書名ヨミ テツドウ キヒ デンセツ ノ ナゾ : キシャ ガ キタ マチ コナカッタ マチ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 222
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.12
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 464205622X
NCID BA79324575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21155187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想