信玄の戦略 : 組織、合戦、領国経営

柴辻俊六 著

武田信玄は、二十一歳の若さで甲斐国守護となった。北条・今川ら強力な諸大名に囲まれながら、信濃・駿河・遠江などを次々と手中に収めると、天下をめざして上洛の途につき、徳川家康を三方ケ原に敗走せしめる。信長をも震撼させたこの西上作戦を可能としたのは、領国における圧倒的な信玄の権力だった。家督相続後、たゆまず続けられた支配体制の刷新、同盟と交戦を巧みに使い分けての領国拡大-戦国の雄の手腕に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 武田氏の系譜
  • 第1章 信濃の侵略と支配
  • 第2章 川中島の戦いと信濃統一
  • 第3章 北関東への侵攻と領国整備
  • 第4章 家臣団の再編成
  • 第5章 領国拡大と在地掌握
  • 第6章 駿河・遠江への侵攻
  • 第7章 西上作戦の展開
  • 終章 その後の武田家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信玄の戦略 : 組織、合戦、領国経営
著作者等 柴辻 俊六
書名ヨミ シンゲン ノ センリャク : ソシキ カッセン リョウゴク ケイエイ
書名別名 Shingen no senryaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.11
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 4121018729
NCID BA79323153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21167383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想