幻景の明治

前田愛 著

幕末維新から日露戦争に至る時期の社会事象を例に、明治の特質を発掘、再構成してその原風景たる「幻景の明治」を見定める。「御一新」のエネルギーの行方、高橋お伝が毒婦とされた理由、日露戦争時期の猟奇的殺人事件の容疑者や日比谷焼打ち事件の仕掛人などについて考察し、文学研究と歴史研究の関わりを論ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「維新」か「御一新」か-明治維新と近代文学
  • 儒学の言葉、啓蒙の言葉
  • 高橋お伝と絹の道
  • 飛ぶ歌-民権歌謡と演歌
  • パノラマと『舞姫』
  • 書生の小遣帳
  • 陰画の街々
  • 三島通庸と鹿鳴館時代
  • 元田永孚と教育勅語
  • 井上哲次郎と高山樗牛
  • 志賀重昂と日露戦争
  • 嗚呼世は夢か幻か-野口男三郎事件顛末
  • 日比谷焼打ちの「仕掛人」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻景の明治
著作者等 前田 愛
書名ヨミ ゲンケイ ノ メイジ
書名別名 Genkei no meiji
シリーズ名 岩波現代文庫 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.11
ページ数 296p
大きさ 15cm
ISBN 4006021089
NCID BA7932303X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21155609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想