生き延びるためのラカン

斎藤環 著

ストーカー、リストカット、ひきこもり、PTSD、おたくと腐女子、フェティシズム…「僕の見たところ、現代の社会は、なんだかラカンの言ったことが、それこそベタな感じで現実になってきている気がする」。電車内の携帯電話の不快なわけは?精神病とはどういう事態か?…こうした問いにもラカンは切れ味鋭く答えてくれる。「心の闇」を詮索するヒマがあったらラカンを読め!そうすれば世界の見方が変わってくる!世界で初めての使えるラカン解説書にして精神分析入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ「ラカン」なのか?
  • あなたの欲望は誰のもの?
  • 「それが欲しい理由」が言える?
  • 「こころ」はどれほど自由か?
  • 「シニフィアン」になじもう
  • 象徴界とエディプス
  • 去勢とコンプレックス
  • 愛と自己イメージをもたらす「鏡」
  • 愛と憎しみの想像界
  • 対象aをつかまえろ!
  • すべての男はヘンタイである
  • 欲望はヴェールの彼方に
  • ヒステリーはなにを問うか
  • 女性は存在しない?
  • 「精神病」とはどんな事態か?
  • 「現実界」はどこにある?
  • ボロメオの輪の結び方
  • 転移の問題
  • 転移・投影・同一化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き延びるためのラカン
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ イキノビル タメノ ラカン
シリーズ名 木星叢書
出版元 バジリコ
刊行年月 2006.11
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 4862380069
NCID BA79308182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21249845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想