雑誌のカタチ : 編集者とデザイナーがつくった夢

山崎浩一 著

12月の初めに出る「新年号」。雑誌の中には常に近未来の時間が流れている。われわれは雑誌を通して「起きつつある何か新しいこと」に参加し、「一歩先の未来の予感」を共有する…。雑誌が持ちえたこうした"共同幻想力"はどのように作り出されたのか。気鋭のコラムニスト/批評家が編集者、デザイナーたちの"雑誌のカタチ"をめぐるドラマに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 反懐古的雑誌論序説-「一歩先」の未来への予感
  • 第1章 『POPEYE』-読者の欲望を喚起する
  • 第2章 『少年マガジン』-ジャンル横断のグラフィズム
  • 第3章 『ぴあ』-過剰な誌面がもたらしたもの
  • 第4章 『週刊文春』-"集合無意識"のデザイン力
  • 第5章 『ワンダーランド』-新聞+雑誌のハイブリッド
  • 第6章 『婦人公論』-世紀に一度の第リニューアル
  • 第7章 小学館の学年誌-平面を立体にする「お家芸」
  • 第8章 『クイック・ジャパン』-"B6判マガジン"が描いた夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雑誌のカタチ : 編集者とデザイナーがつくった夢
著作者等 山崎 浩一
書名ヨミ ザッシ ノ カタチ : ヘンシュウシャ ト デザイナー ガ ツクッタ ユメ
出版元 工作舎
刊行年月 2006.10
ページ数 165p
大きさ 21cm
ISBN 4875023987
NCID BA79289179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21126794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想