ミクロ人類学の実践 : エイジェンシー/ネットワーク/身体

田中雅一, 松田素二 編

人類学はフィールドワークという実践のなにを継承すべきか。鳥瞰図が与える全能感を拒否し、権力が作用する場としての日常生活に注目する。虫瞰図にこだわるミクロ人類学の画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミクロ人類学の課題
  • 第1部 ミクロ人類学の地平(頭痛治しは蝋燭を灯して-東インドネシア・フローレス島における身体と世界
  • 喪失の経験、境界の語り-グイ・ブッシュマンの死と邪術の言説 ほか)
  • 第2部 語る女たちのエイジェンシー(越境する個人-北タイ山地と都市のはざまにおけるカレン女性の語り
  • 神話と土地をめぐる地域の語りとその変化-オーストラリア・ヨルング女性と先住権原 ほか)
  • 第3部 エイジェンシーのネットワーク(個的経験の共同性・単独性・歴史性-東インド・オリッサにおける初潮儀礼をめぐって
  • 網子たちの実践と社会変化-スリランカ・タミル漁村の地曳網漁をめぐって ほか)
  • 第4部 ミクロ人類学の針路(セルフの人類学に向けて-遍在する個人性の可能性
  • 「あなたのクラン名はなんですか?」-変容するアニュワ社会における出自集団 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミクロ人類学の実践 : エイジェンシー/ネットワーク/身体
著作者等 中谷 文美
富山 一郎
山口 惠里子
常田 夕美子
松田 素二
林 勲男
栗本 英世
田中 雅一
福浦 厚子
窪田 幸子
菅原 和孝
速水 洋子
青木 恵理子
書名ヨミ ミクロ ジンルイガク ノ ジッセン : エイジェンシー ネットワーク シンタイ
書名別名 Mikuro jinruigaku no jissen
シリーズ名 京都大学人文科学研究所共同研究報告
出版元 世界思想社
刊行年月 2006.11
ページ数 466p
大きさ 22cm
ISBN 4790712257
NCID BA79270272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21145087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想