言説空間としての大和政権 : 日本古代の伝承と権力

松木俊曉 著

[目次]

  • 序章 権力としての言説-問題の所在
  • 第1章 名に負ふ-古代における伝承と権力
  • 第2章 「祖名」と部民制-多元的な統属関係1
  • 第3章 擬制同族の構造-多元的な統属関係2
  • 第4章 大和政権における「仕奉」の構造-多元的な統属関係3
  • 第5章 『風土記』地名起源説話と支配秩序-国土言説の形成
  • 第6章 支配を支えるものとしての「物語」-言説空間の多元性
  • 結章 言説空間としての「日本」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言説空間としての大和政権 : 日本古代の伝承と権力
著作者等 松木 俊暁
松木 俊曉
書名ヨミ ゲンセツ クウカン ト シテノ ヤマト セイケン : ニホン コダイ ノ デンショウ ト ケンリョク
シリーズ名 山川歴史モノグラフ 11
出版元 山川出版社
刊行年月 2006.10
ページ数 233, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4634523434
NCID BA7927008X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21148775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想