ヒルズ黙示録・最終章

大鹿靖明 著

2006年に証券取引法違反容疑で逮捕、起訴された、二人の「カリスマ」。「時代の寵児」としてもてはやされた彼らは何をしてきたか、なぜ摘発されたのか。社会の新勢力を代表する彼らと、旧勢力を代表する検察側との死闘を暴きだす、同時代ノンフィクション。大好評『ヒルズ黙示録』の続編。堀江貴文、村上世彰、東京地検特捜部。彼らの闘いが描き出す現代日本社会の実相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソニー強奪
  • 第2章 弾圧再編
  • 第3章 疑惑の真相
  • 第4章 粉飾裁判
  • 第5章 シンパシー・フォー・ザ・デビル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒルズ黙示録・最終章
著作者等 大鹿 靖明
書名ヨミ ヒルズ モクシロク サイシュウショウ
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4022731133
NCID BA79262911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想