情報理論と符号理論

G.A.ジョーンズ, J.M.ジョーンズ 著 ; 一樂重雄, 河原正治, 河原雅子 訳

本書ではまず始めに符号を定義し、クラフトの不等式とマクミランの不等式、ハフマン符号などを述べた後、エントロピーを導入し、シャノンの基本定理へと続く。さらに、通信路の理論から、符号理論の詳述に入り、誤り訂正符号理論の一般論、そして最後に線形符号が記述される。数学的にも厳密に書かれた情報科学の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報源符号化
  • 第2章 最適符号
  • 第3章 エントロピー
  • 第4章 情報通信路
  • 第5章 信頼できない通信路の利用
  • 第6章 誤り訂正符号
  • 第7章 線形符号
  • 付録A サーディナス‐パターソンの定理の証明
  • 付録B 大数の法則
  • 付録C シャノンの基本定理の証明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報理論と符号理論
著作者等 Jones, Gareth A
Jones, J. Mary
Jones, Josephine Mary
一楽 重雄
河原 正治
河原 雅子
Jones Gareth Aneurin
Jones Josephin Mary
ジョーンズ J.M.
一樂 重雄
ジョーンズ G.A.
書名ヨミ ジョウホウ リロン ト フゴウ リロン
書名別名 Information and coding theory
出版元 シュプリンガー・ジャパン
刊行年月 2006.10
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 443171216X
NCID BA79261828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21131157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想