古代出雲の社会と交流

瀧音能之 著

[目次]

  • 出雲という地域の特殊性
  • 1 出雲の在地社会(古代の特産物
  • 遊興の舞台-邑美冷水と前原埼を中心として
  • 忌部神戸と玉作の神
  • 近世初期史料と『風土記』寺院)
  • 2 他地域との交流(古代出雲と朝鮮半島-二つの渡来系神社を手がかりとして
  • 『出雲国風土記』の中の越
  • 神話からみた出雲的世界
  • 越・出雲と日本海
  • 『播磨国風土記』の中の出雲-出雲大神の問題を中心として
  • 出雲国造神賀詞奏上の起源とその背景
  • 浦島子伝承の成立と変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代出雲の社会と交流
著作者等 滝音 能之
瀧音 能之
書名ヨミ コダイ イズモ ノ シャカイ ト コウリュウ
シリーズ名 出雲国風土記
出版元 おうふう
刊行年月 2006.10
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4273034360
NCID BA79256114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21147473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想