青柳瑞穂の生涯 : 真贋のあわいに

青柳いづみこ 著

「おそらく祖父にとっては、楽譜も原書も骨董も、読み解くべき美の秘密を有したテキストという意味では変わりがなかったにちがいない。フランス文学の翻訳と紹介、骨董蒐集と鑑賞、随筆、詩…。青柳瑞穂の仕事は多岐にわたっているようにみえるが、実は、どの分野でも同じ作業を行っていたような気がする。」-ピアニストで文筆家の著者が、祖父瑞穂の複雑な生の機微を描く傑作評伝。第49回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 阿佐ヶ谷の家
  • 光琳の肖像画
  • 若かった日
  • ささやかな日本発掘
  • 文学青春群像
  • 阿佐ヶ谷会
  • とよの死
  • 夜の抜穽
  • あちとこっち
  • 佐野乾山事件
  • 日本のやきものの終着駅
  • 水滴のおじいさん
  • マルドロールの歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青柳瑞穂の生涯 : 真贋のあわいに
著作者等 青柳 いづみこ
書名ヨミ アオヤギ ミズホ ノ ショウガイ : シンガン ノ アワイ ニ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 594
出版元 平凡社
刊行年月 2006.11
ページ数 397p
大きさ 16cm
ISBN 4582765947
NCID BA79246664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21209064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想