溝口健二の世界

佐藤忠男 著

巨匠・溝口健二の生涯とその作品の魅力を追って、関係者への徹底した取材・インタビューと十年の歳月をかけて書き上げた渾身の評伝。溝口映画の核心とは何か。そこに描かれた女性像の典型の生成、男と女の葛藤のありかたの追究は、何を物語っているのか。溝口映画を愛する人々、必読の基本文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独学の気風
  • 新派劇との出会い
  • 新派劇から自然主義リアリズムへ
  • 社会批判的リアリズム
  • 二枚目たちの運命
  • 人生が芸術を模倣する
  • 芸道三部作
  • 許さない女
  • 古典からの再創造
  • さいごの諸作品
  • カメラと演技の弁証法
  • 見上げることと見下げること
  • 依田義賢
  • 増補 新藤兼人の溝口健二論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 溝口健二の世界
著作者等 佐藤 忠男
書名ヨミ ミゾグチ ケンジ ノ セカイ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 593
出版元 平凡社
刊行年月 2006.11
ページ数 422p
大きさ 16cm
ISBN 4582765939
NCID BA7924629X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21213046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想