紅い花

ガルシン 作 ; 神西清 訳

極度に研ぎ澄まされた鋭敏な感受性と正義感の持主であったロシアの作家ガルシンには、汚濁に満ちた浮き世の生はとうてい堪え得るものではなかった。紅いケシの花を社会悪の権化と思いつめ、苦闘の果てに滅び去る一青年を描いた『紅い花』。他に、『四日間』『信号』『夢がたり』『アッタレーア・プリンケプス』を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紅い花
著作者等 Garshin, Vsevolod Mikhaĭlovich
神西 清
ガルシン
書名ヨミ アカイ ハナ : ホカ シヘン
書名別名 他四篇
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.11
版表示 改版
ページ数 144, 6p
大きさ 15cm
ISBN 4003262115
NCID BA7921441X
BN05536069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21147536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
神西さんの思い出 中村融
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想