移行経済国の年金改革 : 中東欧・旧ソ連諸国の経験と日本への教訓

西村可明 編著

急激な市場経済化の中での「世代間利害調整」制度整備の重要課題を析出。日本と現地の第一線の研究者による合同研究の成果であり、現在の日本における同様の問題への有用な提言となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 移行国における年金改革の概観
  • チェコの公的年金改革-財政的観点から
  • チェコの老齢年金制度
  • 成熟した年金制度の改革-ハンガリーの事例
  • ハンガリー年金改革の政治経済学-強制加入形個人積立年金の導入をめぐって
  • ポーランド年金制度の調和妥協的改革
  • 年金制度改革における第三の道の試み-ポーランド
  • ルーマニアにおける年金改革
  • ロシアの年金改革
  • ロシア人口の1990年代危機と長期展望
  • 中央アジア諸国の年金改革
  • 中東欧・旧ソ連諸国の経験と日本への教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移行経済国の年金改革 : 中東欧・旧ソ連諸国の経験と日本への教訓
著作者等 西村 可明
書名ヨミ イコウ ケイザイコク ノ ネンキン カイカク : チュウトウオウ キュウ ソレン ショコク ノ ケイケン ト ニホン エノ キョウクン
シリーズ名 Minerva現代経済学叢書 89
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.11
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 4623046648
NCID BA79205463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21150424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想