環境問題の杞憂

藤倉良 著

「環境」に関する話題については、日常生活や健康に身近なテーマとして関心が高い一方で、驚くべき誤解や非常識が世間一般にまかり通っています。一面的な悲観論に振り回されてストレスを溜めたり、不要な努力や出費を強いられたりするのは、なんともばからしい。地球環境から健康器具まで、中学・高校レベルの科学知識で冷静に捉え直してみれば-。以外にシンプルで「悪くない」環境問題の現実が見えてきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本も捨てたものじゃない(日本は世界一健康に良い国である
  • 日本はドイツ以上の環境大国である ほか)
  • 2 健康不安に打ち勝つ(環境ホルモンとはなんだったのか
  • 風呂場は路上より危険である ほか)
  • 3 所詮は人が決めたこと(なぜフロンは禁止されたか
  • 環境に関するふたつの基準 ほか)
  • 4 暮らしやすい地球のために(地球は温暖化していない?
  • 温暖化が寒冷化をもたらす? ほか)
  • 5 環境の「常識」に惑わされない(江戸は環境都市ではなかった?
  • ディーゼル車vsガソリン車、合成洗剤vs石鹸 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境問題の杞憂
著作者等 藤倉 良
書名ヨミ カンキョウ モンダイ ノ キユウ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.11
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4106101920
NCID BA79184283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21147392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想