大奥の奥

鈴木由紀子 著

徳川将軍家十五代の歴史は、大奥の女たちを抜きにして語ることはできない。将軍の世継ぎを産むだけの存在ではなく、表の政治にも密接に関わることで、歴史を動かし、時には大きなスキャンダルを起こすこともあった。大奥はいつできたのか?実際の仕事とはどのようなものだったのか?給料は?日常生活は?引退後の生活は?ベールに包まれてわかりにくい大奥の深奥を、コンパクトにまとめた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大奥をのぞき見た人びと
  • 第1章 大奥の誕生
  • 第2章 終身雇用のキャリアウーマン
  • 第3章 大奥の暮らし
  • 第4章 禁裏をまねる大奥ファッション
  • 第5章 将軍の代替わり
  • 第6章 伝説の大奥女中
  • 終章 徳川家存続に奔走した嫁姑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大奥の奥
著作者等 鈴木 由紀子
書名ヨミ オオオク ノ オク
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.11
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4106101912
NCID BA79184057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21147393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想