アーネスト・ヘミングウェイの文学

今村楯夫 編著

新たな世紀を迎えた今、20世紀の文学の再考が必要であろう。その激動の時代をくぐりぬけた代表作家ヘミングウェイの人生と文学にスポットをあて、いまなお読み継がれる理由を探るとともに、現在の視点から再評価を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヘミングウェイの世界(読み直されるヘミングウェイ-「男らしさ」の変容
  • ヘミングウェイをクィアする-イン/アウト批評からの脱却 ほか)
  • 第2部 ヘミングウェイとアメリカ作家(ヘミングウェイとマーク・トウェイン-"女"をめぐるアメリカ文学的因縁について
  • ソロー、ヘミングウェイ、T.T.ウィリアムス-ネイチャーライティングから反自然誌へ ほか)
  • 第3部 ヘミングウェイとFBIファイル-ファイルの空白に見る隠された素顔(FBIファイルの謎
  • ヘミングウェイのもたらした情報 ほか)
  • 第4部 ヘミングウェイと日本作家(インタビュー 私とヘミングウェイ-小川国夫氏に聞く
  • 解説 "戦後"の原風景と詩人-飯島耕一とヘミングウェイ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーネスト・ヘミングウェイの文学
著作者等 今村 楯夫
書名ヨミ アーネスト ヘミングウェイ ノ ブンガク
シリーズ名 Minerva英米文学ライブラリー 14
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.11
ページ数 271, 27p
大きさ 21cm
ISBN 4623046893
NCID BA79145769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想