日本の所得分配 : 格差拡大と政策の役割

小塩隆士, 田近栄治, 府川哲夫 編

社会保障制度や税制は、拡大する所得格差に対応できるのか?高齢化や家族構成の変化の中で進む格差拡大のメカニズムを解明するとともに、現行制度の問題点や限界を浮き彫りにし、制度改革の方向性を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の所得分配の現状(所得格差の推移と再分配政策の効果-「所得再分配調査」からみた1980‐90年代の日本
  • 国際的にみた日本の所得分配)
  • 第2部 再分配政策の論点(社会保障・税制と生涯所得の世代内再分配
  • 税制を通じた所得再分配-所得控除にかわる税額控除の活用
  • 貧困の現状とその要因-1980‐2000年代の貧困率上昇の要因分析)
  • 第3部 家族・世帯と所得分配(世帯の変化と所得分配-1987‐2002年「所得再分配調査」を用いて
  • 家族構造変化と所得格差-マイクロ・シミュレーションによる将来推計
  • 妻の所得が世帯所得に及ぼす影響
  • 夫婦の学歴と妻の就業-家計所得への影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の所得分配 : 格差拡大と政策の役割
著作者等 小塩 隆士
府川 哲夫
田近 栄治
書名ヨミ ニホン ノ ショトク ブンパイ : カクサ カクダイ ト セイサク ノ ヤクワリ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2006.11
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4130402285
NCID BA79124587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21171323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想