沸騰するフランス : 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き

及川健二 著

大国・フランスがいま大きく変わろうとしている。フランスはヨーロッパの頭脳と心臓だ。ナチスの悪夢から解放されて以来、フランスは欧州統合を先頭に立ち牽引してきた。フランスなくして欧州の未来もない。フランスの変化が分かれば、欧州の行き先を知ることができる。本書は、いま変動期にさしかかっているフランスの現状と背景の報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 極右と暴動(極右=国民戦線
  • 暴動事件の非は政府に-ルペン・インタビュー ほか)
  • 第2部 欧州憲法否決の衝撃(欧州憲法否決で見えた移民・極右・欧州
  • 欧州憲法拒否の立役者-ドヴィリエ・インタビュー)
  • 第3部 次期フランス大統領は?(ニコラ=サルコジの危険な思想
  • 女性大統領が誕生?-セゴレーヌ=ロワイヤル ほか)
  • 第4部 フランス左派の発言(死刑廃止を断行-ミッテラン前大統領
  • 人権活動家の語る「死刑・貧困・水飢饉・フランス暴動」-ダニエル=ミッテラン・インタビュー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沸騰するフランス : 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き
著作者等 及川 健二
書名ヨミ フットウスル フランス : ボウドウ キョクウ ガクセイ デモ ジダン ノ ズツキ
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2006.10
ページ数 291p
大きさ 19cm
ISBN 4763404784
NCID BA79106450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21125832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想