アメリカ外交の大戦略 : 先制・単独行動・覇権

ジョン・ルイス・ギャディス 著 ; 赤木完爾 訳

アメリカの外交と安全保障戦略(大戦略"Grand Strategy")に対して奇襲がもたらした衝撃とその帰結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イェールの朝
  • 第2章 一九世紀(炎上するワシントンの衝撃
  • 先制
  • 単独行動主義
  • 覇権
  • 安全保障とその達成手段の道義性)
  • 第3章 二〇世紀(二〇世紀の戦略環境
  • フランクリン・ローズヴェルトの大戦略
  • 第二次世界大戦における先制の機会
  • 単独行動と先制の否定がもたらした覇権
  • テロの衝撃と十九世紀戦略への回帰)
  • 第4章 二一世紀(冷戦後の戦略環境の変容とアメリカの錯誤
  • 九・一一以後のアメリカの再登場
  • ブッシュ政権の国家安全保障戦略
  • アフガニスタンとイラクを結ぶもの
  • ブッシュ政権の大戦略-構想と実践の間
  • 二十世紀の大戦略と連邦主義)
  • 第5章 イェールの夕べ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ外交の大戦略 : 先制・単独行動・覇権
著作者等 Gaddis, John Lewis
赤木 完爾
ギャディス ジョン・ルイス
書名ヨミ アメリカ ガイコウ ノ ダイセンリャク : センセイ タンドク コウドウ ハケン
書名別名 Sueprise,security,and the American experience
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2006.11
ページ数 124, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4766413148
NCID BA79095933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21237171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想