ひきこもりからの出発 : あるカウンセリングの記録

横湯園子 著

長くひきこもりの状態にあった青年・篤は、著者による五年間のカウンセリングを経て、ようやく社会復帰を果たした。何が原因だったのか。八〇回もの対話は、どう進行したのか。教訓は何か-。この稀有な記録は、「出口」を模索する一〇〇万人以上ともいわれるひきこもりの人びととその家族に、豊かな示唆と励ましを与えよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 語る(とりあえずの自分を語る
  • 禿になる不安、身体へのこだわり
  • 母親は語る、父親も語る)
  • 第2章 動く(家族関係への洞察が深まる
  • 現実自己と理想自己が表面化する)
  • 第3章 つながる(記憶の封印が解ける
  • 別れ、危機、そして出発)
  • 終章 篤の事例は何を語るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひきこもりからの出発 : あるカウンセリングの記録
著作者等 横湯 園子
書名ヨミ ヒキコモリ カラノ シュッパツ : アル カウンセリング ノ キロク
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.10
ページ数 177p
大きさ 19cm
ISBN 4000019392
NCID BA79090929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21130248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想