相対論がプラチナを触媒にする

村田好正 著

燃料電池、自動車の排気ガス洗浄で触媒としてだいかつやくするプラチナ。なぜ、プラチナだけにそんな魔力が宿っているのか?その秘密は、意外にも相対性理論が知っていた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プラチナは環境を救う?
  • 2 結晶の表面はどうなっているのか
  • 3 相対性理論と光電効果
  • 4 相対論がプラチナの表面を変える
  • 5 表面原子が動いて反応性を変える
  • 6 触媒の秘密を光電効果で探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相対論がプラチナを触媒にする
著作者等 村田 好正
書名ヨミ ソウタイロン ガ プラチナ オ ショクバイ ニ スル
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 125
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.11
ページ数 112p
大きさ 19cm
ISBN 4000074652
NCID BA79076746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想