世界の尺度

ポール・ズムトール [著] ; 鎌田博夫 訳

西洋中世の人びとの歩行・騎行が、閉ざされた空間をどのように開き、拡げていったか。旅行記や記録をはじめ、口頭伝承や文学作品、地図や絵図、建築・道路、さらに劇場としての都市等々、あらゆる表象形式を博捜して、世界の「尺度」の開発および「場所」の認識、宇宙観・時空観の位相と変遷を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1部 居住地
  • 第2部 騎行
  • 第3部 発見
  • 第4部 形象化されたもの
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の尺度
著作者等 Zumthor, Paul
鎌田 博夫
ズムトール ポール
書名ヨミ セカイ ノ シャクド : チュウセイ ニ オケル クウカン ノ ヒョウショウ
書名別名 La mesure du monde

中世における空間の表象
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 795
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.10
ページ数 463, 27p
大きさ 20cm
ISBN 4588007955
NCID BA78925139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21134009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想