板東俘虜収容所物語 : 日本人とドイツ人の国境を越えた友情

棟田博 著

第一次大戦の青島で捕われの身となったドイツ兵捕虜九百三十九名を私淑させ、畏敬させた板東俘虜収容所長松江豊寿。そのヒューマニズムを軸に、日本で最初に「第九交響曲」を演奏したドイツ捕虜と日本の若者たちの管弦楽団の逸話などドイツ兵と四国徳島板東の人々との民族を越えた人間愛をえがいた感動の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ああ青島
  • 戦乱成金
  • 捕虜の家
  • 会津降伏人
  • カイゼルの犬
  • 日語通
  • 特殊捕虜
  • 愁色
  • クリスマス前後
  • ドイツ天長節
  • 俘虜展覧会
  • 前線・銃後
  • 絵と詩
  • オーロラの下
  • 波紋
  • シークフリード倒る
  • 異国の土
  • ヴェルサイユ宮殿
  • 望郷
  • ドイツ・ブリュッケ
  • 春の跫音
  • サヨナラ
  • 星霜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 板東俘虜収容所物語 : 日本人とドイツ人の国境を越えた友情
著作者等 棟田 博
書名ヨミ バンドウ フリョ シュウヨウジョ モノガタリ : ニホンジン ト ドイツジン ノ コッキョウ オ コエタ ユウジョウ
書名別名 日本人とドイツ人
シリーズ名 光人社NF文庫
出版元 光人社
刊行年月 2006.7
ページ数 361p
大きさ 16cm
ISBN 4769824971
NCID BA78914631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想