経済学の古典と現代

武田信照 著

[目次]

  • 第1編 経済学の古典と現代(経済的「離陸」の前提条件と東アジアの経験-ケネー、スミスを手がかりに
  • J.S.ミルのパートナーシップ法改正論
  • J.S.ミルとマルクス-株式会社論と協同組合論)
  • 第2編 商品・貨幣論争(商品の呪物性-概念規定と広松渉説批判
  • 価値形態論の主題-赤堀邦雄氏の批判におこたえして
  • 価値形態・呪物性・交換過程-松石勝彦氏の批判におこたえして)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の古典と現代
著作者等 武田 信照
書名ヨミ ケイザイガク ノ コテン ト ゲンダイ
書名別名 Keizaigaku no koten to gendai
出版元 梓出版社
刊行年月 2006.10
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4872624300
NCID BA78902698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21912506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想