言語都市・ベルリン : 1861-1945

和田博文, 真銅正宏, 西村将洋, 宮内淳子, 和田桂子 著

プロイセンからドイツ帝国、ワイマール共和国、そしてナチス・ドイツ…激動の近代史を通じて、「学都」として、「モダニズム」の淵源として、日本の知に圧倒的影響を及ぼした都市ベルリン。森鴎外、巌谷小波、寺田寅彦、山田耕筰、村山知義、阿部次郎、千田是也、和辻哲郎、山口青邨、岸田日出刀ら25人の体験と、この都市を象徴する50のスポット、在ベルリン日本人発行の雑誌から、日本人の「ベルリン」を立体的に描出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ベルリンの日本人
  • 1 ベルリンからのモダニズム
  • 2 日本人のベルリン体験
  • 3 ベルリン事典
  • 補 日本人雑誌編集長の見たベルリン
  • 附 ベルリン関係・出版物年表 1861‐1945

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語都市・ベルリン : 1861-1945
著作者等 和田 博文
和田 桂子
宮内 淳子
真銅 正宏
西村 将洋
書名ヨミ ゲンゴ トシ ベルリン
出版元 藤原書店
刊行年月 2006.10
ページ数 479p
大きさ 22cm
ISBN 4894345374
NCID BA78902257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21127559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想