サンカの真実三角寛の虚構

筒井功 著

いかにして三角寛は"サンカ像"を捏造したのか。彼らは、どのような人びとであったのか。執念の追跡の末に、関東在住の元サンカ20家族と交流。浮かび上がる本当の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『サンカ社会の研究』の出版
  • 第2章 サンカ写真集の虚構と作為
  • 第3章 被写体となった人びと
  • 第4章 三角サンカ論は虚妄の物語
  • 第5章 三角寛は、なぜ偽りを語ったか
  • 第6章 三角寛こと三浦守の生い立ち
  • 第7章 新聞記者から小説家へ
  • 第8章 漂泊の民サンカの真実
  • 第9章 サンカ資料は、なぜ少ないか
  • おわりに-ある家族の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サンカの真実三角寛の虚構
著作者等 筒井 功
書名ヨミ サンカ ノ シンジツ ミスミ カン ノ キョコウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 416660533X
NCID BA78897769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21125325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想