大学教育について考える

山田耕路 著

大学教育の何を、どう変えるべきか!大学教育の改革が緊急の課題になっている。国立大学の法人化にともない、教育内容の改善が大学評価の重要な項目となり、法人評価、および認証評価に耐える教育システムの構築が喫緊の課題である。九州大学を例に、改革への展望と具体策を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大学改革
  • 第2章 大学における評価とその活用
  • 第3章 教育システムの高度化と実質化
  • 第4章 ファカルティーディベロップメント
  • 第5章 講義の進め方
  • 第6章 学生の修学指導
  • 参考資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学教育について考える
著作者等 山田 耕路
書名ヨミ ダイガク キョウイク ニ ツイテ カンガエル
書名別名 Daigaku kyoiku ni tsuite kangaeru
出版元 海鳥社
刊行年月 2006.9
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 4874155995
NCID BA78877477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想