知ることより考えること : philosophical essays

池田晶子 著

『知ることより考えること』とは、決して知ることの否定ではありません。考えるとは、本当のことを知るために考えるという以外ではあり得ない。しかし、きょうび「知る」とは、外的情報を(できるだけたくさん)取得することだとしか思われていない。取得するばかりで、誰も自ら考えていない。だから世の中こんなふうなのであります。インターネットなんかいらない。もし本当を知りたいのなら、考えることだ。痛快哲学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自分とは何か(私のコスモロジー
  • 長命も短命も ほか)
  • 第2章 悪いものは悪い(思わせ人生
  • お金を稼ぐと言う子供 ほか)
  • 第3章 人間の品格(選挙だってさ
  • 戦争体験を語り継ぐ ほか)
  • 第4章 哲学のすすめ(医者の心得
  • 患者の心得 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知ることより考えること : philosophical essays
著作者等 池田 晶子
書名ヨミ シル コト ヨリ カンガエル コト
出版元 新潮社
刊行年月 2006.10
ページ数 175p
大きさ 20cm
ISBN 4104001082
NCID BA78867892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21122069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想