「昭和」をつくった男 : 石原莞爾、北一輝、そして岸信介

小林英夫 著

最終戦争論、満州国設立、二・二六事件、敗戦、そして戦後の復興。昭和を駆け巡った国を思う男たちは、何を考え、実行し、何に挫折したのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新戦略の創設者(石原莞爾と世界最終戦争論
  • 田中智学と日蓮宗
  • 北一輝と国体変革論)
  • 第2章 昭和初期のテロリストたち(実行の右翼・井上日召
  • インテリゲンチャ・橘孝三郎
  • 農本主義者・権藤成卿)
  • 第3章 新戦略の実践と挫折(石原莞爾の最終戦と盟友・宮崎正義
  • 北一輝と西田税の活動と最期
  • 石原莞爾の挫折)
  • 第4章 官僚統制の時代と戦後の指導者たち(エリート官僚・岸信介
  • 戦後の官僚統制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「昭和」をつくった男 : 石原莞爾、北一輝、そして岸信介
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ ショウワ オ ツクッタ オトコ : イシハラ カンジ キタ イッキ ソシテ キシ ノブスケ
出版元 ビジネス社
刊行年月 2006.9
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4828413014
NCID BA78867509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21107742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想