平和政策

大芝亮, 藤原帰一, 山田哲也 編

国際紛争はなぜ起こるのか。地域紛争や内戦など、開発途上地域を主な戦場とする「現代の戦争」に対して、どのような対応が可能なのか。達成されるべき政策目標として平和をとらえ、安全保障のみならず、政府の機能回復から社会経済の復興支援にいたるまでを含めた「平和構築」という政策領域を体系的に議論する、初めてのテキスト。国際政治の基礎理論、現代国際紛争の実態、平和構築の実際について、第一級の執筆陣が的確に分析・考察する。紛争事例などについてのコラムや、基本用語についての解説も充実し、現代の戦争や国際関係について初めて学ぶに最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政策としての平和
  • 第1部 国際紛争をどうとらえるか(国際紛争はどうとらえられてきたのか
  • 現代紛争の構造とグローバリゼーション
  • 国際法と国際組織の役割
  • 地域機構は役に立つのか
  • 紛争と国際経済組織)
  • 第2部 現代国際紛争の実態(植民地支配の遺産と開発途上国
  • 兵器はどう規制されてきたか
  • 核軍拡と拡軍縮
  • 人の移動と難民保護
  • テロリズムとテロ対策)
  • 第3部 平和構築の実際(軍事介入
  • 平和構築における政治・法制度改革
  • 紛争後選挙と選挙支援
  • 国際犯罪と刑法
  • 開発協力
  • 平和構築とジェンダー
  • NGOと市民社会)
  • 国際紛争をこえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和政策
著作者等 大芝 亮
山田 哲也
藤原 帰一
書名ヨミ ヘイワ セイサク
書名別名 Building peace

Heiwa seisaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.10
ページ数 370p
大きさ 22cm
ISBN 4641183430
NCID BA78867112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21139324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想